京都婚100のこと
Kyoto Wedding 100

2018.04.20

京料理を彩る京野菜で結婚式のゲストをおもてなし(春夏編)

京都で結婚式をするなら、京都らしいお料理を取り入れてみてはいかがでしょうか。京都を代表する「京野菜」は季節感をお料理に出すことができるのでおすすめです。今日は春と夏における「京野菜」の魅力をお伝えします。

恵まれた環境から生まれた伝統の京野菜

京都の風土を利用して育てられた野菜を京野菜と呼び、独特の形状や色を持つだけでなく、奥深い味わいや高い栄養素を含んでいます。京都府の選定基準により、「京の伝統野菜」と「ブランド京野菜」が指定されています。豊富な地下水と鴨川から供給される良質な水、腐植質の含まれた豊かな土、そして盆地特有の夏の猛暑と冬の底冷えの寒暖差などの好環境から京野菜は生み出されます。宮中の「有職料理」、寺社の「精進料理」、茶道の「懐石料理」など、京野菜を使用する職人の存在も保存と発展に大きく貢献しています。品種保存はもちろんのこと、長年にわたって同じ手法で手間をかけて栽培しているので、ビタミンやミネラル、食物繊維など豊富に含まれていて、市場に出回る他の野菜と比較しても栄養価が高いと言われています。

 

伝統の和とフレンチの融合

140^

肉厚な賀茂なすはアクをとってからオリーブオイルと調理すると、ほどよく油を吸って旨みが増し、チーズなどと合わせてグラタンにしても美味。京たけのこは柔らかくえぐみも少ないので、他の温野菜などと合わせてバルサミコ酢のソースでいただくと、素材本来の味も楽しめます。九条ねぎは緑の部分が柔らかく甘みがあるので、スープにしても風味のある仕上がりになります。水菜はシャキシャキとした歯ざわりが楽しめるので、サラダにも多く使用されます。このように京野菜を用いたフランス料理は、食感や旨みを活かしたものが人気。京野菜を使用したフランス料理をふるまえば、ゲストに京都らしさを存分に味わってもらえるのでおすすめです。

 

季節問わず食べられる京野菜の魅力

もちろん京野菜を食べられるのは春と夏だけではありません。
秋や冬には金時人参や堀川ごぼうなどの土物野菜が食卓を彩ります。海から遠く、海産物の入手が困難で食生活の中心が野菜であった京都だからこそ、改良を繰り返していく中で今の上品な京野菜になっていったのではと思います。京都が誇る京野菜をぜひ結婚式に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

お野菜はお料理において季節を感じる事ができる大切な素材の一つ。京都らしさを取り入れながら季節も感じる事ができる「京野菜」。
京都婚では京野菜を楽しめる結婚式場を多数ご紹介させて頂いております。

 

関連する記事

和装にぴったり!華やかに彩る”和ブーケ”... 和ウエディングのトレンドともいえるボールブーケ 和装でのブーケで人気なのが、和のテイストのボールブーケです。素材にはピンポンマムや...
ドレスにも和装にも自然と馴染む水化粧... 舞妓さんと水化粧 舞妓さんの化粧品は普段私たちが使っている下地やファンデーションとはまったく別物。下地は鬢付け油で作り、普段のファ...
京都の街を彩る、物流用に作られた「高瀬川」で結婚式を... 桜並木は京都屈指の観光名所ですが… 高瀬川は、二条大橋の南側から鴨川と分かれ木屋町通りに沿って南北に流れています。その後十条通の北...
京都での結婚式なら神前式がおすすめ。しきたりや、神前式のいろはを知る... 神前式のルーツは大正天皇のご婚儀 神前式の結婚式は、日本古来から伝わる神道に基づいています。日本古来の伝統的なスタイルで、挙式をす...

ご相談

■京都婚体験相談会にも注目
神社、披露宴会場の知りたい情報がまとめてわかる
体験型イベントを毎週開催。
詳しくはこちらから

京都での結婚式についてもっと知りたい方、お気軽にご相談ください。

TEL:0120-075-881
(受付時間 平日:12:00〜19:00/土日祝:10:00〜19:00)