京都婚100のこと
Kyoto Wedding 100

2018.05.16

結婚式の前日に行う親御様への挨拶について

結婚式は新郎新婦様にとっても節目ですが、お二人を大切に育ててくれた周囲の方々への感謝を伝える場でもあります。しかし、挙式や披露宴はあっという間に時間が過ぎてしまいます。
お礼を伝えておきたい大切な方へは、挙式前日に改めて感謝の気持ちを伝えるための時間を設けるもの。今回は、結婚式前日の親御様への挨拶について紹介します。

結婚式前日の過ごし方

94^

結婚式前日はこれまでの準備を終え、家族と過ごすことが多いもの。結婚式当日は化粧や着替えなどで入り時間も早く、多くの方とお話をしますから、前日までの折りのいいタイミングで家族にこれまでの感謝の気持ちを伝えましょう。

 

親御様や家族への挨拶はなるべく笑顔で

両親や家族、きょうだいへの挨拶はなるべく前日の早い時間にしましょう。

結婚式前夜に涙を流しすぎると。目が腫れたりして翌日の披露宴に影響するかもしれません。

しかし両親や家族への感謝の挨拶は欠かせないもの。必ず折をみて気持ちを伝えましょう。

 

挨拶は自分から

子供がお嫁に行くことはとても喜ばしいけれど寂しい心境になる親御様がほとんどです。中には、その気持ちを表に出さず気持ちよく送り出してくださる親御様もいらっしゃるでしょう。しかしそれは、寂しい気持ちの裏返しということもしばしば。子供から改めて「お父さん、お母さん、これまで育ててくれてありがとう」なんて言おうとすると恥ずかしい気持ちからか子供をさえぎる方もいます。

逆に「お父さん、私がお嫁に行ってもやっていけるかな」「お母さん、いつも明るく女手一つで育ててくれたけど、私が家を出たらお母さん1人。大丈夫かな?」「お兄ちゃんお姉ちゃん、いつも忙しい両親の代わりに私の相手をしてくれてありがとう」と話をするような方法もあるでしょう。

両親や家族が悲しそうにしても、自分の方から場を設けて両親や家族に向き合い、感謝の気持ちを伝えてください。

 

まとめ

結婚は自分自身や周囲の人たちが人生の新しいステージに進むイベントです。大切な挙式の前日には、同じく大切な親御様や家族へ、感謝の気持ちを伝える挨拶のタイミングを設けましょう。

関連する記事

結婚式をより豊かなものする、衣装の持つ意味合い... 結婚式の衣装マナー 神道とは、その文字が表しているように、人が生きる「道」であって宗教ではありません。そのためキリスト教徒であって...
京都の夏の風物詩「川床(かわゆか)」で結婚式を... 川の上で料理を楽しめる「川床」 川床とは、川沿いの料理店や茶屋が川の上に張り出した座敷で料理を提供する、京都の夏の風物詩で、鴨川、貴船、高...
京都の街並みを彩る人力車で結婚式をより華やかに... 人力車の歴史 人力車は明治時代初期頃に庶民の足として急速に普及した乗り物です。それまでは普及していた駕籠は人力車の登場により急速に...
結婚式の送迎とは?手順やしきたりを解説... 神前式のお迎えのポイント 親族や友人に参列していただくときの迎えは、挙式が神前式なのか教会挙式なのか、挙式会場や披露宴会場の立地が...

ご相談

■京都婚体験相談会にも注目
神社、披露宴会場の知りたい情報がまとめてわかる
体験型イベントを毎週開催。
詳しくはこちらから

京都での結婚式についてもっと知りたい方、お気軽にご相談ください。

TEL:0120-075-881
(受付時間 平日:12:00〜19:00/土日祝:10:00〜19:00)