京都婚100のこと
Kyoto Wedding 100

2018.04.20

引出物の由来と京都らしいおすすめギフト

平安時代頃から続く祝宴のお土産に由来

引出物の由来は、平安時代の頃に主が馬を庭先に引き出して客人に見せたことから来ているのだとか。やがて、馬の代わりに「馬代(うましろ)」として金品を贈るようになり、酒宴の膳に添える物品や招待客への土産物を指すようになったのです。

引出物=お土産ですから、すべての方に同じものを用意するのが当たり前とされてきました。

 

しかし、ゲストの年齢層も幅広くなり、ライフスタイルも多種多様になった近年では、全員に同じものを贈り、一様に喜ばれることが大変難しくなってきました。

そんな理由から、たくさんの商品の中からゲスト自らが好きなものを選ぶことができる「カタログギフト」が登場。現在では、価格帯に応じたカタログがあるほか、取り扱い商品も増え続けています。

 

老舗茶舗とコラボした引出物で“京都らしさ”を贈る

147^

かさばらないカタログギフトももちろん良いのですが、せっかく京都で結婚式をするのだから京都らしいものを贈りたい、という思いも大切にしたいところ。

京都といえばお抹茶や日本茶、宇治茶など、お茶を連想される方も多いはず。京都婚では日本茶のすばらしさを伝えたいという思いから、京都の老舗茶舗・上林春松本店とコラボレーションしたオリジナルブレンド煎茶と湯呑セットの引出物をご用意。

「京都らしいギフトだから、自分たちの結婚式も思い出してもらいやすい」との声も多く人気も高い。また、オリジナルギフトは他の人と重複する心配がなく、センスの良い贈り物であれば毎日の生活に使ってもらえるというメリットも。

 

ゲストにとって嬉しいはずのお土産が重くて負担に

148.1-min

いただいた引出物はゲストにとって楽しみなのですが、ものによっては重くて持ち帰るのに困ったり、瀬戸物やガラス製品であれば取り扱いに気をつかったりしないといけません。京都の結婚式は和装で参列するゲストも多く、普段より動きにくいうえに二次会会場へ重い荷物を持って移動することになると、負担も大きくなってしまいます。

そんなゲストの負担を少しでも軽くするため、京都婚では、引出物を会場からご自宅までお届けする配送サービスを取り扱っております。

お着物をお召しの方やヒールを履かれた女性ゲストの方、新幹線や飛行機を使ってお越しのご遠方ゲストの方には特に好評です。
そしてなにより、「この記念品を贈りたいけれど、重いからやめておこう…」と選択肢を狭めることなく、ふたりが本当に贈りたいものを贈ることができるのがうれしいですね。

 

まとめ

結婚式では決めていくことが多く、結婚式の準備で大変な思いをされる方も多いと言われています。京都婚では心から結婚式を新郎新婦に楽しんで頂く為に経験豊富なプランナーがお二人をサポートいたします。「こだわるポイントがわからない」という方でも安心して相談くださいね。

関連する記事

京都の街を彩る、物流用に作られた「高瀬川」で結婚式を... 桜並木は京都屈指の観光名所ですが… 高瀬川は、二条大橋の南側から鴨川と分かれ木屋町通りに沿って南北に流れています。その後十条通の北...
ハウスウェディングにも京都らしさを!代表的な和風ゲストハウス3選... 【1925年創建の美邸】アカガネリゾート京都東山1925(AKAGANE RESORT KYOTO HIGASHIYAMA1925) ...
日本三大祭りにあげられる「祇園祭」と八坂神社の歴史... 八坂神社の歴史 八坂神社は諸説あるものの656年に創建されたと伝えられています。牛頭天王(スサノオの本地)を祭った京都を代表する神社の一つ...
結婚式の送迎とは?手順やしきたりを解説... 神前式のお迎えのポイント 親族や友人に参列していただくときの迎えは、挙式が神前式なのか教会挙式なのか、挙式会場や披露宴会場の立地が...

ご相談

■京都婚体験相談会にも注目
神社、披露宴会場の知りたい情報がまとめてわかる
体験型イベントを毎週開催。
詳しくはこちらから

京都での結婚式についてもっと知りたい方、お気軽にご相談ください。

TEL:0120-075-881
(受付時間 平日:12:00〜19:00/土日祝:10:00〜19:00)