京都婚100のこと
Kyoto Wedding 100

2018.05.16

結婚式の送迎とは?手順やしきたりを解説

結婚式に参列していただく方の送迎には準備やルール決めが大切です。なぜならば2人とも京都出身、両家の親族もみんな土地勘がある場合と、どちらか一方の親族が遠方の地域から京都まで来てくださる場合では参列者の皆様にも土地勘があったりなかったりするためです。
親等の異なる親族や、会社の上司同僚部下や友人など大勢の参列者がスムーズに同じ時間に同じ場所へ集っていただくためには、気配りや根回しをしましょう。また遠方からの参列者には交通費や宿泊代の負担も必要です。

神前式のお迎えのポイント

105^

親族や友人に参列していただくときの迎えは、挙式が神前式なのか教会挙式なのか、挙式会場や披露宴会場の立地がどうかにもよります。

挙式が神前式の場合、挙式会場は神社ですが、集合場所は神社の境内ではありません。集合場所に集合し、新郎新婦と親族や参列者が神聖な神社の境内まで行列になって歩いて向かう、花嫁行列を行います。挙式する2人や両親が理解していても、参列する親族には『神社と、集合場所は別です』とわかりやすくお伝えしましょう。

 

披露宴に参列いただく方へのお迎えのポイント

挙式会場と披露宴会場が離れている場合や、挙式と披露宴の間に時間が開く場合は会場間をどう移動していただくのか配慮します。タクシーやマイクロバスのチャーターも検討しましょう。

年配の親族や参列者には移動が楽ではない方もいるでしょうから、事前の配車手配をどこまで、誰まで行うのか両家の両親とも相談して決めましょう。

お迎えの際の服装は、新郎新婦は式服のまま行います。中心から左に向かって新郎、媒酌人、父親、母親。中心右に新婦、媒酌人夫人、父親、母親と並んで参列者をお迎えします。

 

結婚式のお見送りのポイント

挙式や披露宴後のお見送りでは、お迎えと同じ順番で並びます。中心から左に向かって新郎、媒酌人、父親、母親。中心右に新婦、媒酌人夫人、父親、母親と並んで参列者をお迎えします。

お見送りのタイミングでは、簡単なお話と小さなお見送りギフト(プチギフト、などと呼ばれることも)をお渡しする程度の時間しか確保できない可能性が高いです。お車代はお見送りのタイミングまでにお渡ししてください。わかりやすいのは披露宴開始前の受付のタイミングで参列者名簿への記帳時に渡してもらうか、披露宴最中に親御様やきょうだいに手渡して回ってもらうこともできます。

 

まとめ

結婚式は参列者がわかりやすく参加できる体制を整えることがポイント。両親や親族の年長者にこれまでどうしていたか確認するなど、事前の根回しも重要です。

事前の説明や送迎や移動手段の配慮を欠かさないようにして気持ちよく参列していただきましょう。

関連する記事

結婚式の前日に行う親御様への挨拶について... 結婚式前日の過ごし方 結婚式前日はこれまでの準備を終え、家族と過ごすことが多いもの。結婚式当日は化粧や着替えなどで入り時間も早く、...
結納の意味やしきたりとは?京都で結婚するときの、結納について解説。... 結納の意味を知り、両家が無理なくできる方法にアレンジ! 結納とは、漢字の通り結婚する2人の両家が結ばれ、贈り物を贈りあうためのもの...
京料理を彩る京野菜で結婚式のゲストをおもてなし(秋冬編)... 京都の伝統野菜 京都は地理的に海が遠く、昔から菜食中心の文化が芽生えてきました。その中でより良いものをと改良を重ねられて来たのが今...
京都の街を彩る、物流用に作られた「高瀬川」で結婚式を... 桜並木は京都屈指の観光名所ですが… 高瀬川は、二条大橋の南側から鴨川と分かれ木屋町通りに沿って南北に流れています。その後十条通の北...

ご相談

■京都婚体験相談会にも注目
神社、披露宴会場の知りたい情報がまとめてわかる
体験型イベントを毎週開催。
詳しくはこちらから

京都での結婚式についてもっと知りたい方、お気軽にご相談ください。

TEL:0120-075-881
(受付時間 平日:12:00〜19:00/土日祝:10:00〜19:00)