京都婚100のこと
Kyoto Wedding 100

2018.04.20

伝統と革新を 宇治茶を楽しめる京都東山の古民家カフェをご紹介

創業450年の味を気軽に楽しめるカフェ

京都婚の会場である「AKAGANERESORT KYOTO HIGASHIYAMA」敷地内にある「Salon de KANBAYASHI」は、創業450年の京都宇治の老舗茶舗である上林春松本店直営のカフェ。近年では大手飲料メーカーとコラボして、ペットボトルのお茶「綾鷹」を販売した事でも有名な老舗茶舗です。そんな老舗の味を宇治に行かずとも気軽に味わうことのできるのが「Salon de KANBAYASHI」です。店舗は大正時代に建てられた蔵を改修して建てられた建物になっており、フォトジェニックな空間が広がっています。お茶へのこだわりはもちろん、お茶を注ぎいれる湯飲みにもこだわりがあり、希望があれば自分でお茶を淹れる事もできます。慌ただしい日常の中で、少し時間をとってお茶を楽しんでいただきたいという理念のもと、選りすぐりのお茶とスイーツをご提供。長年培われてきた経験と伝統を現代に受け継ぎ、日本文化である日本茶の啓蒙に力を入れています。

 

おふたりの思い出の味に京都らしい和のスイーツを

137^

カフェでは選りすぐりの玉露・煎茶をはじめとし、上林自慢の抹茶を使用したロイヤル豆乳抹茶ラテなど、気軽に楽しめるものを多数取り揃えています。オリジナルブレンドの煎茶は、和束茶のみを使用。他にはない独自性の高いお茶に仕上げています。これらの本格的なお茶を実際にお客様自身が急須で淹れてお楽しみいただけます。飲み物だけではなく上林春松本店「琵琶の白」の”ガトー・オペラ枯山水仕立て”や、香り高い”ほうじ茶ティラミス”など、お茶を使ったスイーツも好評。また、上林春松のお茶を使ったデザートは京都婚の披露宴でふるまうこともできます。おふたりにとって節目となる大切な日に、京都らしい和の素材を使ったスイーツでゲストの心に残る結婚式を。

 

まとめ

京都の素敵さはその歴史を後世に紡ぐ努力を忘れないことにあります。結婚式が家族と家族を繋げ、未来へとつなげていくように
お茶の魅力を様々な方法で後世に紡いでいく老舗茶舗である上林春松本店。歴史ある宇治茶をぜひお気軽に楽しめる「Salon de KANBAYASHI」に足を運ばれてはいかがでしょうか。

関連する記事

京料理を彩る京野菜で結婚式のゲストをおもてなし(春夏編)... 恵まれた環境から生まれた伝統の京野菜 京都の風土を利用して育てられた野菜を京野菜と呼び、独特の形状や色を持つだけでなく、奥深い味わいや高い...
京都での結婚式にふさわしいサービスとは?... 茶道文化の中で行う茶前式 京都らしい文化の一つに茶道があります。茶道を行う場所を茶室(ちゃしつ)と言いますが、その茶室で挙式が行わ...
神前式の進行と式の動作に込められた、幸せな家庭を築く意味とは... 神前式は、最も重要な修祓からスタート 平安神宮では、新郎家と新婦家がそれぞれ別の控え室に入ります。これは、どの神社でも同じでなく、...
結婚式における親族紹介とは?流れやポイント... 親族紹介のタイミング 親族紹介は、挙式の前後に行います。。会場やスケジュールによってタイミングが異なるため、親族の皆様に多く列席い...

ご相談

■京都婚体験相談会にも注目
神社、披露宴会場の知りたい情報がまとめてわかる
体験型イベントを毎週開催。
詳しくはこちらから

京都での結婚式についてもっと知りたい方、お気軽にご相談ください。

TEL:0120-075-881
(受付時間 平日:12:00〜19:00/土日祝:10:00〜19:00)