京都婚100のこと
Kyoto Wedding 100

2018.04.20

ドレスにも和装にも自然と馴染む水化粧

和装を着用する機会が少なくなった昨今。「着物」をイメージすることはできても、「着物のお化粧」まではっきりと浮かぶ人はけっして多くありません。祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東……5つの花街を抱える京都だからこそ発達したメイク術について見どころをご紹介します。

舞妓さんと水化粧

150

舞妓さんの化粧品は普段私たちが使っている下地やファンデーションとはまったく別物。下地は鬢付け油で作り、普段のファンデーションにあたるのは、ねり白粉(おしろい)。ねり白粉を水に溶いて、板刷毛で手早く伸ばし、パフで押さえます。和装に通じた京都では、この舞妓さんメイクを花嫁メイクに流用。とはいえ、同じ化粧品でありながら、使い方は少し異なります。鍵を握るのは、ねり白粉を溶く水の量と色合い。舞妓さんの白塗りよりも水の量を多くして薄付きにすると同時に、白だけでなく色つきのねり粉も混ぜて自然な肌色に調整。洋装にも馴染むメイクになるよう仕上げます。

 

水化粧でボディメイク

伝統的な化粧品が身近にある京都では、洋装のみの場合もボディメイクに水化粧が使われます。ボディメイクとは首、デコルテ、背中など衣裳から露出しているパーツに施すベースメイクのこと。シール状のスワロフスキーなどで蝶や花を装飾するボディジュエリーとはまた異なります。露出度の高いドレスは特に、顔だけが浮いて見えないよう、薄付きで色味も調整した水化粧を施しますが、肌の色味を整え、艶感を出し、素肌感を大切にした仕上がりになるため、背中ニキビや傷跡が気になる花嫁にとっては心強い味方。そうでなくとも、皮脂や汗で落ちにくく、衣裳を汚さないという水化粧ならではの利点は見逃せません。

 

まとめ

昔は和装用のメイクをいったん全て落としてから洋装用に変えたため、洋装のメイクはどうしても時間優先になり、花嫁のリクエストすべてを反映する余裕がありませんでした。しかし今では、ヘアメイクリハーサルもあれば、和装のベースメイクのまま洋装へ素早く切り替えもでき、花嫁自身が納得できたお色直しが楽しめるように配慮されています。

関連する記事

京都らしさ満載!イメージ通りの純和風結婚式ができる、代表的な結婚式場3つ... 【八坂神社鳥居内の老舗】中村楼(なかむらろう) まずご紹介するのは、480年の歴史を誇る老舗料理屋「中村楼」です。 &nbs...
有名神社が点在する京都の結婚式で、あこがれの花嫁姿をかなえるポイント... 京都の神社で結婚式 京都には全国的に名の通った神社が数多くあり、上賀茂神社、下賀茂神社、八坂神社、平安神宮といった有名神社でも挙式...
結婚式には祝い魚の鯛を、京丹後で獲れるぐじ(甘鯛)でおもてなし... 結婚式における料理の重要性 結婚式において料理を重視する方は非常に多いです。 特に結婚式への参列経験が豊富な人ほど、その傾向が強...
日本文化の祖神様を祭る平安神宮の歴史... 桓武天皇が開いた平安京を模した平安神宮 平安神宮の神様として最初に祭られたのは桓武天皇(かんむてんのう,天平9(737)年~延暦25(80...

ご相談

■京都婚体験相談会にも注目
神社、披露宴会場の知りたい情報がまとめてわかる
体験型イベントを毎週開催。
詳しくはこちらから

京都での結婚式についてもっと知りたい方、お気軽にご相談ください。

TEL:0120-075-881
(受付時間 平日:12:00〜19:00/土日祝:10:00〜19:00)