京都婚100のこと
Kyoto Wedding 100

2018.04.20

事柄の意味を大切にする京都では、引出物・引菓子にもこだわりを

古来より日本では持ち寄ったお祝いの品を神様にお供えをして、全員で飲食を共にした後、おさがりを全員にお裾分けする風習がありました。一方、西洋の結婚では、新郎新婦がウエディングリストを作って、ゲストがふたりへプレゼントするのが一般的。日本ならではのしきたりとも言える引出物・引菓子について京都らしいトピックスをご紹介します。

引出物は奇数で揃える

結婚式の招待客に配られる引出物。近年、首都圏を中心に、陶器やカタログ式ギフトの引出物を1つ、引菓子を1つ、合計2つを用意する傾向があります。しかし、京都では古くから、食器、かつお節、引菓子で3品、といった具合に「おめでたい」とされる奇数で揃えるのが一般的です。奇数で整える裏には、中国から伝わった陰陽五行説があり、奇数が「陽」にあたるため優先されたという経緯が。ふたりにとっては取るに足らない理由であっても、ゲストの中には気にする人もいるかもしれません。かつお節は削り節を5gずつパックした軽量品があるので、気軽に贈ったとしても持ち帰る手間は少ないですし、京都らしくおいしい出汁も作れそうです。

 

引菓子は、神社でしか手に入らない銘菓を

158^

カトリックの最高指導者がローマ法王なら、神道のそれは天皇さんです。また神社は地域の祭りの中心を担うことも多いもの。一般社会に広く開かれた祈りの場として、個人のみならず企業や店舗とのお付き合いが続いています。こうしたお付き合いの中から引菓子のアイデアが生まれることも。さらに、京都の老舗と神社のコラボレーション商品は店頭に並ばないことが多く、その神社で結婚式をしなければ手に入ることがない銘菓も存在します。最近では名入れの引出物などは選ばれにくい傾向にありますが、誰の結婚式でもらったかはっきりと思い出せる、という意味では、名入れのお菓子なども検討する余地があります。購入する場合は、お菓子やさんに行くのではなく、神社の会館を訪ねると良いでしょう。

 

まとめ

意味を大切にする京都では、例えカタログ式ギフトを贈るとしても、引菓子と松魚(かつお節)を添えて奇数に整えるといった工夫が必要です。贈り分けに関しても、相手によって中身を変えるのは差別されているようで不快に感じる人がいます。どうしても、という場合は袋の大きさを揃えるようにしましょう。

関連する記事

京都での結婚式にふさわしいサービスとは?... 茶道文化の中で行う茶前式 京都らしい文化の一つに茶道があります。茶道を行う場所を茶室(ちゃしつ)と言いますが、その茶室で挙式が行わ...
京都の街並みを彩る人力車で結婚式をより華やかに... 人力車の歴史 人力車は明治時代初期頃に庶民の足として急速に普及した乗り物です。それまでは普及していた駕籠は人力車の登場により急速に...
京都を代表する漬物「千枚漬け」を結婚式で... 千枚漬けは京都の冬の風物詩 千枚漬けとはかぶらを使ったお漬物の1つなのですが、京野菜の聖護院かぶらを使うことがほとんどで、少しとろ...
和装での乾杯に「鏡開き」を、伝統を楽しむ結婚式... 鏡開き その意味と作法 鏡開きは、江戸時代初期から広まったとされる鏡に見立てた酒樽の丸い蓋を木槌で叩いて開ける祝い事の伝統的習慣で...

ご相談

■京都婚体験相談会にも注目
神社、披露宴会場の知りたい情報がまとめてわかる
体験型イベントを毎週開催。
詳しくはこちらから

京都での結婚式についてもっと知りたい方、お気軽にご相談ください。

TEL:0120-075-881
(受付時間 平日:12:00〜19:00/土日祝:10:00〜19:00)