京都婚100のこと
Kyoto Wedding 100

2018.05.10

京の祝いの席の定番「だし巻き卵」

見た目も味わいも美しい、京巻きのだし巻き卵

130^

京都の食の台所といえば「錦市場」。美しく味わい深い京都のグルメを求めて訪れる人々で、アーケードはいつも賑わいを見せています。
その一角にある「三木鶏卵」は、昭和三年から錦市場に軒を連ねる老舗です。地元京都はもとより、関西近県や地方からも買い物客が訪れる、有名なだし巻き卵の専門店です。
店頭に並ぶ美しいだしまき卵は、普段遣いのみならずおせち料理やお祝いの席の定番にもなる、京都が誇る卵料理です。
「三木鶏卵」で販売しているだし巻き卵は言わずもがな、京風です。その卵の巻き方も他の地域とは違い、手前から奥に巻いていく「京巻き」という調理法が使われています。
もちろん、この巻き方には意味があります。手前から奥にしっかり卵を巻き込むことで、卵に強い火を通すことができるので、きちんと焼き上げることができ、より出汁がたっぷり入っただし巻き卵に仕上がります。温かくても常温でも美味しく食べれることから、おせち料理やお祝いの席などに非常に重宝します。逆にすぐに食べる場合に用いるという、奥から手前に巻いていく調理法を、京都では「大阪巻き」と呼んでいます。

 

京巻きが生み出す、本物の味わい

繊細で美しい京料理の世界に魅了され、料理人を目指す見習いの修行の第一段階が「京巻き」です。たっぷりの卵と出汁を使って、きちんと卵焼きに仕立てるのはなかなか難しいといいます。見習いはまず「京巻き」をしっかりと習得し、だし巻き卵を上手に焼き上げることができた時に、奥の深い、京料理の世界に一歩足を踏み入れることができるのです。
繊細で奥深い京料理は、いわば「本物の味」。そんな京料理を愛する人たちが「三木鶏卵」 をはじめとする、京都のだし巻き卵を美味しく感じることができるのは、「京巻き」が本物を作り出す調理法であることを如実に現しているのではないでしょうか。
細部までこだわりを求める京都婚。その引き出物には、本物の京風のだし巻き卵などはいかがでしょう。出席されたお客様にもきっと喜んでいただける、特別な引き出物だといえます。

 

まとめ

京都婚では京巻きだし巻き卵の他にも京都での結婚式にふさわしい引き出物を多数取り扱いしてあります。引き出物にまでゲストを思いこだわる。そんな京都らしい細部にこだわった結婚式はいかがでしょうか。

関連する記事

京都の夏の風物詩・鱧(ハモ) 結婚式における料理の重要性 結婚式において料理はゲストの満足度にかかわる非常に重要なポイントです。ただ、料理にこだわると言って...
ハウスウェディングにも京都らしさを!代表的な和風ゲストハウス3選... 【1925年創建の美邸】アカガネリゾート京都東山1925(AKAGANE RESORT KYOTO HIGASHIYAMA1925) ...
初年度はたった一組だった平安神宮の神前式。いつしか京都の花嫁のあこがれに... 平安神宮の神前式、第一号 時系列で振り返った時、東京の神宮奉斎会(現在の東京大神宮)で模擬結婚式が行われたのが明治34(1901)...
京都での結婚式にふさわしいサービスとは?... 茶道文化の中で行う茶前式 京都らしい文化の一つに茶道があります。茶道を行う場所を茶室(ちゃしつ)と言いますが、その茶室で挙式が行わ...

ご相談

■京都婚体験相談会にも注目
神社、披露宴会場の知りたい情報がまとめてわかる
体験型イベントを毎週開催。
詳しくはこちらから

京都での結婚式についてもっと知りたい方、お気軽にご相談ください。

TEL:0120-075-881
(受付時間 平日:12:00〜19:00/土日祝:10:00〜19:00)