京都婚100のこと
Kyoto Wedding 100

2018.04.20

結婚式をより豊かなものする、衣装の持つ意味合い

結婚式の衣装マナー

149^

神道とは、その文字が表しているように、人が生きる「道」であって宗教ではありません。そのためキリスト教徒であっても神前式を挙げることに矛盾はなく、衣装についても同様に特にルールは定められていません。定番は白無垢ですが、色打ち掛けはもちろん、ドレスでも問題なし。ごく少数ですが、十二単で神前式にのぞむ花嫁も存在います。新婦が白無垢や色打ち掛けの場合、新郎は紋付き袴に。新婦がドレスであれば、新郎はタキシードやフロックコートになり、新婦が十二単なら、新郎は束帯。束帯は神職と同じ服装のため、熟練の着付けが必要となります。

 

父母の衣装について

ふたりの服装はもちろんのこと、親の服装も大事になります。京都であれば母親は黒の留袖が一般的。父親は和装なら紋付き袴、洋装ならモーニングになります。父親と母親で和洋が混在するのが気になる人は和装で揃えると良いでしょう。モーニングと紋付き袴の格に差はなく、どちらも同格ですので問題ありません。親よりも親族やゲストの服装の格が上になってしまうとお互いに居心地の悪い思いをすることもあるため、親もぜひ第一礼装の着用を。パーティで「アロハ」など、特殊なドレスコードを設ける場合も、挙式と披露宴をはっきり区別して、挙式では第一礼装を着用するのが京都流。挙式では「神様の前で恥ずかしくない服装」を心掛けると良いでしょう。

 

まとめ

「第一礼装」という言葉をこんなに良く耳にする街が京都の他にあるでしょうか。東京では聞き慣れなくなった言葉も、京都ではしっかりと残っています。物事が本来持つ意味を重視する、京都という土地柄が大きく影響しています。

関連する記事

結納の意味やしきたりとは?京都で結婚するときの、結納について解説。... 結納の意味を知り、両家が無理なくできる方法にアレンジ! 結納とは、漢字の通り結婚する2人の両家が結ばれ、贈り物を贈りあうためのもの...
結婚式の送迎とは?手順やしきたりを解説... 神前式のお迎えのポイント 親族や友人に参列していただくときの迎えは、挙式が神前式なのか教会挙式なのか、挙式会場や披露宴会場の立地が...
引出物の由来と京都らしいおすすめギフト... 平安時代頃から続く祝宴のお土産に由来 引出物の由来は、平安時代の頃に主が馬を庭先に引き出して客人に見せたことから来ているのだとか。やがて、...
歴史深い古都・京都の料亭!結婚式、顔合わせに利用したい3つの老舗とは... 【大正時代から続く老舗】菊乃井(きくのい) まずは、大正元年から京都・東山で続く料亭「菊乃井」をご紹介します。  ...

ご相談

■京都婚体験相談会にも注目
神社、披露宴会場の知りたい情報がまとめてわかる
体験型イベントを毎週開催。
詳しくはこちらから

京都での結婚式についてもっと知りたい方、お気軽にご相談ください。

TEL:0120-075-881
(受付時間 平日:12:00〜19:00/土日祝:10:00〜19:00)