京都婚100のこと
Kyoto Wedding 100

2018.04.20

有名神社が点在する京都の結婚式で、あこがれの花嫁姿をかなえるポイント

京都の神社で結婚式

IMG_5133

京都には全国的に名の通った神社が数多くあり、上賀茂神社、下賀茂神社、八坂神社、平安神宮といった有名神社でも挙式をすることが可能です。予約は社務所が窓口になりますが、この段階で意外と難しいのは、神社と披露宴会場の空き状況を調整する作業。挙式前後に移動時間が必要な上に、披露宴までの間隔が狭すぎてはいけないし、かといって間隔が開きすぎると、挙式の参列者を待たせてしまうことになります。移動手段の手配に関して言えば、挙式前は「まだ結婚前」と考えて、新郎と新婦が別々に移動するのに対して、挙式後は新郎新婦揃って一台の車で移動するのが昔ながらのやり方です。

 

祈りの場にふさわしく

神社は結婚式専用の場所ではなく、広く一般に開かれた祈りの場です。挙式は神事の一部ですので、あくまで厳粛に行うことが大切。手順も参進、修祓、斎主祝詞奏上、新郎・新婦誓詞奏上、三献の儀(三々九度)、神楽奉奠、新郎・新婦玉串拝礼、参列者代表玉串拝礼、親族盃の儀といったように、神社によって決められた一定の流れがあります。三々九度の後に指輪交換をするのは一般的で、手作りのリングピローを神職に預けてお願いするのは構いません。しかし、折鶴シャワーなどの演出は控えるのが一般的。神道の神様は一様に寛容ですが、祈りの場ではしゃいだり、散らかしたりといった行為はふさわしいとは言えないからです。

 

挙式中の撮影は斎主に相談を

神道には経典がないため、挙式の撮影を許可するかどうかは斎主次第で、神社によって解釈が異なります。まずは希望する神社の社務所に問い合わせて、「神事として集中力を高め、おふたりと向き合いたいので、撮影はご遠慮ください」と言われれば、素直に従いましょう。これは神社に限ったことではなく、街の教会などでも同じことが言えます。例え結婚式場のチャペルであっても、挙式の最中にバージンロードに踏み入ったり、祭壇の上に上って撮影するのは、専門職以外は許されません。

 

まとめ

近年では効率の良さを偏重する風潮がありますが、京都で結婚式をするなら「挙式」と「披露宴」をきちんと区別して、挙式は厳かに、披露宴は楽しく、と心がけると良いでしょう。思い切って挙式と親族との会食を神社で、友人との披露パーティを夜に、とゲストの顔ぶれで分けるカップルもいます。本物にこだわるならば、十分ありえる選択です。

関連する記事

京都の夏の風物詩「川床(かわゆか)」で結婚式を... 川の上で料理を楽しめる「川床」 川床とは、川沿いの料理店や茶屋が川の上に張り出した座敷で料理を提供する、京都の夏の風物詩で、鴨川、貴船、高...
京都らしさ満載!イメージ通りの純和風結婚式ができる、代表的な結婚式場3つ... 【八坂神社鳥居内の老舗】中村楼(なかむらろう) まずご紹介するのは、480年の歴史を誇る老舗料理屋「中村楼」です。 &nbs...
和の演出「鯛の塩釜焼き」開き 伝統的な和婚にぴったりの演出を 鯛の塩釜焼き開きは、和の演出の代表的なもののひとつです。縁起ものとして昔から珍重されてきた鯛を使っ...
花嫁をより一層美しく上品に彩る、西陣織を結婚式の衣装に... 京都・西陣の街   平安京と共に歴史を紡いできた京都で「前の戦争」と言えば、第二次世界大戦ではなく応仁の乱のこと。「西陣」...

ご相談

■京都婚体験相談会にも注目
神社、披露宴会場の知りたい情報がまとめてわかる
体験型イベントを毎週開催。
詳しくはこちらから

京都での結婚式についてもっと知りたい方、お気軽にご相談ください。

TEL:0120-075-881
(受付時間 平日:12:00〜19:00/土日祝:10:00〜19:00)