京都婚100のこと
Kyoto Wedding 100

2018.05.11

日本文化の祖神様を祭る平安神宮の歴史

「平安」という語感から、平安時代から存在していると思う方もいるであろう平安神宮。しかし創建は明治28(1895)年で、千年の都、京都においては比較的浅いほうだとされています。その成り立ちをお祀りされている神様を軸におさらいしましょう。

桓武天皇が開いた平安京を模した平安神宮

平安神宮の神様として最初に祭られたのは桓武天皇(かんむてんのう,天平9(737)年~延暦25(806)年)です。明治28(1895)年、京都の人々は桓武天皇の功績を讃え、京都の祖神様としてお祀りすることを決意しました。桓武天皇は天応元(781)年、40歳代の若さで第50代天皇として即位しています。「泣くよ鶯、平安京」と言われるように、平安京が完成したのは延暦13(794)年のこと。その翌年、桓武天皇は大極殿において百官の拝賀を受け、平安京を開かれました。平安神宮は比較的新しい神社ですが、その名称として使われている「平安」は平安京から取られています。また平安神宮に限らず、神職が日々唱えるお祈りに「たいらけく、やすらけく」という言葉があるというのも、平安という言葉の素晴らしさを今に伝えています。

 

明治維新の基を開いた孝明天皇も祭られる平安神宮

161.1-min

平安京最初の天皇が桓武天皇なら、最後の天皇は孝明天皇(こうめいてんのう,天保2(1831)年~慶応2(1867)年)です。孝明天皇は36歳で早世した年若い天皇でしたが、10代半ばの頃に第121代の天皇として即位して以来、しっかりと世の中の移り変わりを見極め、明治維新の基を開かれました。「さまざまに泣きみ笑ひみ語りあふも国を思ひつ民おもふ為」という歌が趣深く響きます。孝明天皇は明治天皇の御父宮にあたるため、平安神宮が創建された明治28(1895)年当時、まだまだ在位中の記憶が新しく、合祀の声が上がりながらも、お祀りするまでには至りませんでした。合祀の夢が叶ったのは昭和15(1940)年10月19日。皇紀2600年に当たる年まで待たねばならなかったのです。

 

まとめ

平安京創始の桓武天皇と最後の孝明天皇をお祀りしたことで、平安神宮は“日本文化の祖神様”として、京都市民のみならず日本全国、ひいては世界各国からも崇敬されるようになりました。平安神宮で神前式に臨むカップルには“開運”の御利益があると言い伝えられています。

関連する記事

京都の街を彩る、物流用に作られた「高瀬川」で結婚式を... 桜並木は京都屈指の観光名所ですが… 高瀬川は、二条大橋の南側から鴨川と分かれ木屋町通りに沿って南北に流れています。その後十条通の北...
花嫁の魅力を最大限に引き出す、京都の「美粧師」... 日本髪と着付けができる「美粧師」 「美粧」とは「美しくよそおうこと」。日本全国どこでも使われている言葉で、例えば結婚式の見積もり表...
和装での乾杯に「鏡開き」を、伝統を楽しむ結婚式... 鏡開き その意味と作法 鏡開きは、江戸時代初期から広まったとされる鏡に見立てた酒樽の丸い蓋を木槌で叩いて開ける祝い事の伝統的習慣で...
京都での結婚式にかかせない。和の調味料「西京味噌」... 結婚式における料理の重要性 結婚式において料理はゲストの満足度にかかわる非常に重要なポイントと言えるでしょう。 ゲストのおもてなしを重視...

ご相談

■京都婚体験相談会にも注目
神社、披露宴会場の知りたい情報がまとめてわかる
体験型イベントを毎週開催。
詳しくはこちらから

京都での結婚式についてもっと知りたい方、お気軽にご相談ください。

TEL:0120-075-881
(受付時間 平日:12:00〜19:00/土日祝:10:00〜19:00)